施工の流れ|東京で大規模修繕工事をするなら株式会社ティーエヌケー

       

お問い合わせ

施工の流れ

防水・塗装など改修工事の流れ

1 足場

施工前に防水や塗装などの改修工事をするために、建造物の周辺に足場を架設します。

2 外壁調査・補修

改修工事前の外壁状況の調査や、その補修を事前に行います。
チェックポイント一例:
【外壁】【妻側 破風】【軒天】【樋】【雨戸枠】【雨戸】【帯】【フェンス】【塀】
それぞれに痛みやひび割れ、錆び、塗装の浮き上がりが無いか。
調査例・調査方法については外壁調査のページをご覧下さい。

3 タイル張替え

外壁調査などで、タイルの張替えが必要な場合は、最終仕上げの段階でタイルの張替えを行います。

4 シーリング工事

防水工事完了後の建造物の挙動摩擦による破損を防ぐために、シーリング工事を行います。詳しくはシーリング工事をご覧ください。

5 塗装工事

仕上げの塗装工事を行います。

6 防水工事

調査・補修後、最適な工法を用いての工事を開始します。防水工事には塩ビシート防水工事など様々な工法があります。お客様のご要望と状況に合わせて適切な工事を実施します。
※工法については防水工事のページをご覧下さい。

7 クリーニング

工事の際の汚れなどをクリーニングして工事完了です。
※上記の流れは一般的な流れになります。施工内容により、異なる場合がございます。