外壁補修工事|東京で大規模修繕工事をするなら株式会社ティーエヌケー

       

お問い合わせ

外壁補修工事

外壁補修工事の必要性

ビル・マンションでの外壁で使われているコンクリートは、乾燥するとひび割れを起こし、そのひび割れから水分が入り込むことによって中の鉄骨が錆びて建物の耐久性に影響を及ぼします。小さなひび割れだからといって長い間放っておくのは危険です。定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

外壁補修工事のタイミング

建物の竣工・補修から10年を目安にすることが多いですが、建物の環境によっては劣化が早く進んでいるケースもあります。10年経っていなくても、劣化が見受けられた場合はお早めにご相談ください。

補修が必要な事例

コンクリート爆裂

鉄筋が錆びて酸素を取り込んだ分、体積が膨張します。すると周りのコンクリートが押し出され亀裂が生じます。

ひび割れ

ひび割れ(クラック)の原因は乾燥、気温の変化、地震など様々です。ひび割れを放っておくと鉄筋の錆びや雨漏りを引き起こします。

タイルの浮き

温度と湿度の変化によって膨張・収縮が繰り返され、付着力が下がることなどが原因として挙げられます。

補修例

コンクリート爆裂の場合

1 ブラシなどで錆を落とします。
2 鉄筋部分に錆止めの塗料を塗ります
3 防錆処理のあとはモルタル(セメント・砂・水を混ぜた外壁材)を塗ります。
4 補修跡が目立たないように、外壁の色・模様に合わせて仕上げます。